はじめて学ぶ行政書士

初心者にもわかる行政書士試験ガイド

詳細はこちら

このサイトは元会計事務所職員の「管理人tami」が行政書士試験の独学勉強法から通信講座比較まで徹底解説しています。

 

以前ドラマ「カバチタレ」が放送された効果で行政書士という職業が広く知れ渡りました。 そして、現在も受験者数は年々増えています。

 

どのぐらい増えているかというと、 平成元年の受験者数は21,167人だったのに対し、 平成18年度の受験者数はなんと!88,163人なのです!(20年度は79,590人)

 

景気が悪くなると資格を取得し、手に職を持とうと考える人が増えるといわれています。近年のサブプラムローン問題に始まる世界的な不況により、日本も不況へと突入しています。リストラだけでなく、会社が倒産してしまう可能性だってあるのです。

 

そのような理由から万が一を考えて、
独立できる国家資格を取っておこうという人が増えるのでしょう。

 

行政書士は国家資格なので、一度取得してしまえば一生有効です。

 

ただし、行政書士をはじめ司法書士、税理士などの士業の業界はすでに飽和状態です。

 

他の人と同じ事をやっても成功する事は難しいですが、
できる仕事の幅が非常に広いので、
工夫とアイディア次第ではまだまだ大きな可能性を秘めています。

 

ところで、以前は行政書士の試験なんて少し勉強すれば、
簡単に合格できる難易度だと一般的には見られる傾向にありました。

 

しかし、2006年より試験内容が大幅に変更されたため、
現在は難易度が大幅にアップしているのでご注意ください。


行政書士って何者?

資格試験に合格した後の、行政書士の仕事について少し紹介します。

 

行政機関に提出する許認可申請書類等や契約書・遺言書等の作成・代理などの作成が、
行政書士の主な仕事です。

 

昔は行政代書人という資格だったために行政書士の事を代書屋と呼ぶ方もいます。ただし、近年の司法改革によって、法律に関わる簡単な問題は弁護士ではなく行政書士へという流れ(弁護士は高度な法律問題を扱う)のため、今後は行政書士はより法律家という色が強くなっていくと思われます。

 

行政手続きに関わる書類の作成は非常に面倒です。
つまり「知識のない人が自分で書類を作成するのにかかる手間」を報酬を貰い代わりに行うのです。

 

行政書士が作成できる書類は約1万種類といわれており、
会社設立や許可申請などの書類作成のプロフェッショナルです。

 

実際の業務を知ることで試験に対するモチベーションを高めましょう!

 

当サイトでは「建設業許可申請」をピックアップして実務内容を紹介しています。
試験の勉強法から資格の活用方法まで、
各学校の通信講座の特徴などをわかり易くまとめています。

 

ぜひ行政書士への第一歩としてご活用ください。

通信講座の受講料の差?

行政書士試験の通信教育は学校ごとに全然金額が違う。

 

通信講座専門の資格学校は人件費が少なくて済むので、比較的行政書士講座の受講料が安い傾向にあります。

 

高ければよく、安いからといって全ての講座が悪いという分けではありません。

 

行政書士試験では独学組と講座を受講される方が半々だと思いますが、 大切なことは自分が選んだ資格学校を信じて行政書士試験当日まで勉強を貫くことだと思います。

行政書士に関するよくある質問/教えて!Goo

行政書士試験 学習の順番について
2016年 12月 05日 10時 06分
膵炎になり入院を余儀なくされ試験を受けれなかった者です。 行政書士試験の学習の順番について、出題数、点数の配分が最も多い行政法から行うのが良いと記載しているホームページがありました。 そのページをもう一度見たいのですが、色々と検索してもヒットしません。 どなたか「知っている」というかたがいらっしゃったら教えて

リンク集

はじめて学ぶシリーズ

 

スポンサードリンク