行政書士試験の改正について

平成18年度の改正

すでにご存知の方も多いと思いますが、平成18年度より行政書士試験が大きく改正されました。

 

でも何が変わったかという内容まで把握していますか?

 

公式に発表された数日後に書いたものですが、科目や試験日程を含め細かく変更されています。
ポイントだけピックアップして紹介していきます。

 

重要な部分は試験科目と日程の変更で、受験資格は従来のままです。

 

この行政書士試験の改正により古い参考書やテキストでは対応できない部分があるので、
これから勉強をはじめようと思っている方は、必ず最新のものを揃えるようにしましょう。

 

市販の書籍も改正後に発行されたものがよいと思います。

 

1:試験日程の変更

 

行政書士試験改正後の試験日は11月第2日曜日になりました。

 

重要ではないかもしれませんが、もしかしたら古い情報をご覧になって
覚えている方もいるかもしれないので 念のため確認しておきましょう。

 

試験日が変更されたことで、受験願書の配布や試験の公示日も変更されています。

 

◎試験の公示 7月の第2週
◎受験願書の配布 8月1日〜8月31日
◎合格発表 1月の第5週

 

2:削除された試験科目たち

 

ここが一番重要な変更点でございます。

 

行政書士法、戸籍法、住民基本台帳法、労働法、税法」が削除されました。

 

試験科目が減ってラッキーだと思ったあなた!

 

そんなに甘くはありませんよ。

 

さらに一般教養が「行政書士の業務に関連する一般知識等」に変更されました。

 

一般知識は「政治・経済・社会」「情報技術・個人情報保護」「文章理解」から構成されますが
出題範囲が広く的を絞るのが難しいです!

 

法令科目は種類が減った分、残った科目のボリュームがアップしています。
「民法」「商法」のウェイトが増えてしまったので商法嫌いの人も勉強しなければならないのです。

 

確実にいえることは、改正によって行政書士試験は難しくなりました

 

スポンサードリンク


関連ページ

行政書士試験の受験資格
まずは行政書士試験を受験できるかチェック!
なぜ行政書士試験を受けようと思ったのか?
自宅学習ではモチベーションの維持が一番大事
独学と通信講座どちらを選ぶか?
行政書士試験の勉強法は3つ
テキスト参考書選びのポイント
本屋へ行くと「行政書士試験コーナー」には市販の参考書が大量においてあります。
定番の行政書士試験参考書
LEC出る順などみんなが使っている参考書の紹介
オススメの行政書士試験サブ参考書
補助テキストとしてオススメの本をご紹介
勉強計画の参考例
余裕をもった学習計画をたてましょう
行政書士試験の法令科目出題傾向
平成18年度の行政書士試験は改正後のはじめての試験です
行政書士法の独学ノート
メモメモ
憲法の独学ノート
メモメモ
行政法の独学ノート
メモメモ
労働法の独学ノート
メモメモ
地方自治法の独学ノート
メモメモ
民法の独学ノート
メモメモ
参考書の使い方
効率よく勉強しよう!
復習方法にこだわった勉強方法
行政書士試験勉強法は過去問演習を繰り返すことが大切
独学のデメリットを解決!
独学は大変なんです
過去問とノートの使い方
過去問の使い方
行政書士試験六法の使い方
みんな行政書士試験六法を使わないの?