テキスト参考書選びのポイント

自分にあった参考書を発見しよう!

行政書士試験の勉強をしようと思って最初にする事はなんでしょう?

 

まずは本屋へ参考書を立ち読みをしに行きませんでしたか?
・・いや今ならインターネットで検索する時代か。

 

検索は置いておいて、本屋へ行くと「行政書士試験コーナー」には市販の参考書が大量においてあります。

 

ネットで色々とサイトを回って下調べしたとしても、種類の豊富さに目移りしてしまうことでしょう。

 

周りの評価がよい本でもその参考書が自分に合うとは限りません。
この参考書評判よかったのに、読んでみるとあっちの方が分かりやすいかも・・

 

それは良くあることです。
人それぞれ相性がありますし他人にとって良いものが自分にとって良いとはいえません

 

ここでは参考書選びに失敗しない最低限の事を書いておこうと思います。

 

行政書士試験の参考書選びのポイント

 

1. 中身は読みやすいか?

 

行政書士試験のテキストだけでなくその他、資格試験の参考書にもいえますが、
イラストや図表がつかってあり、色も2色以上つかってあるほうが読みやすいです。

 

実際に本屋へ行き立ち読みしてみてください。
2色以上使ってある参考書は値段も高いかもしれませんが、

 

それぐらいのお金は惜しまないでください。

 

自分にあってないテキストだと余計な労力がかかってもったいないです。

 

2. 出版社や著者名は信頼できるか?

 

いくら参考書の中身が読みやすくても、出版社や著者名が信頼性がない場合は避けた ほうが無難です。

 

実際の試験で的外れだとたまりません。 大手のものを選んだ方が、
情報に信頼性が高いのでベターですね。

 

聞いたことのない著者名の場合はプロフィールをチェックしてみてください。
ブロフィールを読むことでその人の経歴が分かり信頼へと繋がります。

 

独学での勉強は、参考書が先生なので慎重に選ぶべきです。

 

間違っても、宣伝目的で書かれたものは選ばないように!

 

ありませんか?

 

読み進んでいくうちに自分達の商品を買わせるのが目的のような本・・

 

3. 出版年月を間違えないようにしましょう

 

当たり前のことですが、ちゃんと今年度版の参考書を選びましょう。
ケチってヤフーオークションなどで古い参考書を買わないように!
出版年月は重要です!

 

なんで重要かって?それはもちろん・・

 

平成18年度に行政書士試験は改正されているので、間違ってもそれよりも前のものは使ってはいけませんよ。

 

スポンサードリンク


関連ページ

行政書士試験の受験資格
まずは行政書士試験を受験できるかチェック!
行政書士試験の改正について
平成18年度の改正で試験制度はどうなった?
なぜ行政書士試験を受けようと思ったのか?
自宅学習ではモチベーションの維持が一番大事
独学と通信講座どちらを選ぶか?
行政書士試験の勉強法は3つ
定番の行政書士試験参考書
LEC出る順などみんなが使っている参考書の紹介
オススメの行政書士試験サブ参考書
補助テキストとしてオススメの本をご紹介
勉強計画の参考例
余裕をもった学習計画をたてましょう
行政書士試験の法令科目出題傾向
平成18年度の行政書士試験は改正後のはじめての試験です
行政書士法の独学ノート
メモメモ
憲法の独学ノート
メモメモ
行政法の独学ノート
メモメモ
労働法の独学ノート
メモメモ
地方自治法の独学ノート
メモメモ
民法の独学ノート
メモメモ
参考書の使い方
効率よく勉強しよう!
復習方法にこだわった勉強方法
行政書士試験勉強法は過去問演習を繰り返すことが大切
独学のデメリットを解決!
独学は大変なんです
過去問とノートの使い方
過去問の使い方
行政書士試験六法の使い方
みんな行政書士試験六法を使わないの?