行政書士試験の法令科目出題傾向

法令科目の基本

平成18年度の行政書士試験は改正後のはじめての試験です。

 

行政書士試験は全部で60問そのうち法令科目は46問出題されます。
法令科目は「択一式と記述式」の2つが出題されます。

 

さて、どんな出題傾向になったのかチェックしましょう。

 

行政法と民法が重視され難易度アップ!

 

法令科目は46問出題されると書きました。

 

平成18年度行政書士試験では、そのうち「行政法が22問、 民法が11問」も!出題されています。

 

行政法と民法・・この2つの法律は分かりにくく難解な2トップなのです。

 

試験管理委員は行政書士にとって行政法を非常に重視しているようです。

 

行政書士法なんて試験科目から廃止されてしまいましたし。
・・簡単だったのに。

 

行政法は行政書士試験の法令科目の中で最も難解です。

 

入門書からしっかりと理解していく必要があります。

 

私がお薦めする参考書にも行政法のものがありますので、
よかったら参考にしてみてください。

 

そして民法!

 

これも厄介な法律でして民法に関しては条文が1044条もあります。
行政法と比べれば理解しやすいのですが、ボリュームが非常に多い。
大変です。

 

簡単な基礎法学はたったの2問しか出題されていません。

 

って、これはもう行政書士試験に対する意識も改革しなければいけないのかもしれません。

 

行政書士試験は確実に難易度があがりました。

 

スポンサードリンク


関連ページ

行政書士試験の受験資格
まずは行政書士試験を受験できるかチェック!
行政書士試験の改正について
平成18年度の改正で試験制度はどうなった?
なぜ行政書士試験を受けようと思ったのか?
自宅学習ではモチベーションの維持が一番大事
独学と通信講座どちらを選ぶか?
行政書士試験の勉強法は3つ
テキスト参考書選びのポイント
本屋へ行くと「行政書士試験コーナー」には市販の参考書が大量においてあります。
定番の行政書士試験参考書
LEC出る順などみんなが使っている参考書の紹介
オススメの行政書士試験サブ参考書
補助テキストとしてオススメの本をご紹介
勉強計画の参考例
余裕をもった学習計画をたてましょう
行政書士法の独学ノート
メモメモ
憲法の独学ノート
メモメモ
行政法の独学ノート
メモメモ
労働法の独学ノート
メモメモ
地方自治法の独学ノート
メモメモ
民法の独学ノート
メモメモ
参考書の使い方
効率よく勉強しよう!
復習方法にこだわった勉強方法
行政書士試験勉強法は過去問演習を繰り返すことが大切
独学のデメリットを解決!
独学は大変なんです
過去問とノートの使い方
過去問の使い方
行政書士試験六法の使い方
みんな行政書士試験六法を使わないの?