行政書士の報酬

行政書士の報酬「建設業許可申請書」

前回のつづきでまた行政書士の仕事のお話です。次ぎはいったいその建設業許可でいくらもらえるのか?という事になるわけですが、 報酬は約20万円前後いただいていました (行政書士により報酬は異なります)。

 

でもこれから行政側に払う手数料などもあるので 報酬分は半分程度になります。それでもサラリーマンの給料と比べたら、魅力的ですよね。 1つの参考になればと思い建設業許可申請をあげました。行政書士になりお客さんから受注された仕事をして報酬をもらい感謝されるのは行政書士の理想ですよね。手に職を持つ事の魅力の一つです。

 

行政書士の仕事はいかに効率よく書類を作成するか、そしてお客さんの希望をしっかりと聞いて適切な判断をしなければなりません。 顧客の要望は多種多様です

 

例えば会社を作る場合でも急ぎなのか急ぎでない時で対応も違いますし、 2週間で作ってくれとかいう方もいます。 どの業務をやるにしても最初からできる人なんていません。 行政書士の先輩方は、わからないことを調べながら、 数多くの事例をこなし成長していっています。

 

行政書士の実務は手引書をみればなんとかなります。 それよりもお客さんから受注をとる方が難しですね。士業は飽和状態ですから集客をいかにするかが一番の悩みですね。

 

スポンサードリンク


関連ページ

行政書士の仕事ってなに?
行政書士は法律の身近な相談相手
行政書士と動物法務
行政書士の仕事は10,000種類以上
行政書士の年収はいくら?
行政書士の6割は年収300万以下
行政書士と簿記の関係
簡単な簿記の知識は身に付けておこう!