よくある質問

行政書士試験に関するよくある質問のまとめ

行政書士試験に関するよくある質問のまとめ

行政書士試験、資格に関するよくある質問をまとめています。

逐次、このQ&Aは更新していきます。


Q1 行政書士登録ってなんですか?

 

Q2 行政書士試験の日程を教えてください。

 

Q3 合格基準について教えてください。

 

Q4 行政書士と司法書士の違いは?

 

回答

Q1 行政書士登録ってなんですか?

 

行政書士となる資格がある人(行政書士試験合格など)が行政書士として活動するには、行政書士名簿への登録を受けなければなりません。行政書士名簿の登録を受けるためには、行政書士事務所を設けようとする都道府県の各行政書士会へ、必要な書類を提出する必要があります。

 

行政書士登録のための申請書は日本行政書士連合会のHPでダウンロードできます。

 

Q2 行政書士試験の日程を教えてください。

 

毎年11月の第2日曜日に実施されています。

 

Q3 合格基準について教えてください。

 

合格基準は以下の通り発表されています。
@  行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50パーセント以上である者。
A  行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40パーセント以上である者。
B  試験全体の得点が、満点の60パーセント以上である者。

 

Q4 行政書士と司法書士の違いは?

 

違いは資格名の通りで

 

「司法書士は司法関係の書士」
「行政書士は行政関係の書士」ということになります。

 

つまり司法書士は司法(裁判所)に出す書類を作る。
行政書士は行政(役所)に出す書類を作る人という事です。

 

お互い独占業務をそれぞれもっていますが、
司法書士は行政書士になることができる資格ももっています。

 

司法書士はおもに不動産登記に関する書類の作成を行います。

 

また、「簡裁訴訟代理能力認定考査」で認定を受けた司法書士(認定司法書士)は
訴額140万円以下の簡易裁判所の訴訟で、
本人に代わって法定手続を行う事「代理人訴訟」が可能です。

 

受験資格はどちらも制限はなく誰でも受験することが可能です。

 

試験難易度は難しいものから 「弁護士>司法書士>行政書士」となります。