行政書士の開業資金

50万円あればとりあえず開業できる。

行政書士資格の開業資金は結構気になる人もいるのではないでしょうか。

 

当サイトでも「行政書士 独立資金」「行政書士 開業資金」などの
キーワードで検索してくる方が結構いらっしゃいます。

 

結構独立資金がいくらあればよいという答えはありませんが、
最低いくらあれば独立できるのでしょうか。

 

Q:事務所をどうする?「自宅か賃貸」か。

 

行政書士資格で開業をするにあたってまず考えるのが事務所!

 

・事務所を借りて独立
・ワンルームマンションを借りて独立
・自宅を事務所にする

 

独立の仕方によってかかる費用は大きく変わりますが、
今回は一番お金のかからない、自宅開業で考えてみます。

 

まず最初に避けて通れないのが「行政書士会へ登録費用」これが約20万円。

 

行政書士登録をしないと業務はできません。
やったら違法です。

 

行政書士登録には1ヶ月〜3ヶ月かかるそうです。

 

登録完了するまでどういうすごし方をするかもそれぞれですね。

 

その他仕事をするために必要になるものをあげていきますよー。

 

まず「パソコン」です。

 

パソコンがないと仕事になりません。
これは今なら10万も出せば十分買えます。

 

次は「プリンタ」です。

 

これはA4だけでなくB5なども印刷できるものが必要です。
これが10万円くらいだとします。

 

プリンタは業務用の高性能のものですと100万近くかかります。

 

ファックスつき高性能プリンタなどを購入するならリースで買うのも一つの手段です。

 

あとは「行政書士の業務、実務関係の書籍」です。

 

行政書士実務本は沢山もっておかないと困ります。

 

だって、実際の仕事をするのははじめてなんですから!

 

これらは思いっきり安く見積もって5万円はかかりそう?

 

以上のものを合計すると約45万円です。

 

つまり、自宅を事務所にするなら格安で開業できてしまいます。

 

もちろんこれは最低開業にいくら必要かというだけです。

 

他に思いつく必要な経費をあげると

 

●事務所を借りる場合はその家賃
●本棚や事務机など
●名刺(ビジネスをするにあたっては必須です)
●広告宣伝費用(宣伝をしないことには仕事が来ません)
●生活費(開業してから仕事が入るまで必要です)

 

もちろん、生活費や広告宣伝費は人によって異なります。

 

開業してすぐに稼げる!
という人は生活費を考えなくてもよいですし。

 

宣伝も無料でできるアイディアがある人は必要ありません。
(ホームページを使うなど)

 

実は私がこうしてホームページを作っているのも勉強の一つです。

 

無料でできてこんなに宣伝効果の高いものはないですからね。
でも行政書士がHPをもつのはあたりまえの時代になりましたね。

 

今のうちからHP作りを勉強しておくのもよいかもしれません。

 

行政書士の開業資金は最低必要なものはありますが、
いくら必要というのは決まりがありません。

 

逆に資金が豊富にあるよりも資金難で独立した方が、
火事場のくそ力が発揮されて、稼げるかもしれないですね。

 

あなたにあった開業プランを検討してみて下さい

 

スポンサードリンク


関連ページ

そもそも行政書士資格の魅力ってなに?
行政書士ってなにがいいの?
行政書士としてどうやって稼いでいくのか
どうやって稼ぐかも想像しておこう
登録から開業までの手順
行政書士の登録から開業までの手順
就活のために行政書士を受験する
まだまだ求人で評価されない行政書士
試験勉強と実務のギャップ問題
資格と実務の大きな差
行政書士とビジネスマッチングサービス
マッチングサービスを活用しよう