登録から開業までの手順

行政書士試験に合格し日本行政書士連合会に登録する

行政書士資格試験に合格後に日本行政書士連合会に登録して
はじめて開業できるということをお話してきましたが、
今回は行政書士試験合格から開業まで日程順に解説していこうと思います。

 

1: 行政書士試験翌年の1月下旬・・・合格発表

 

長かった資格勉強を終え合格を祈りながら年を越し
ついにこの日がやってきました。

 

結果は見事に合格!

 

あなたは行政書士への第一歩をスタートすることに成功しました!

 

2: 2月末日までに合格証が発送される

 

待ちに待った行政書士試験の合格証が届きました。
合格証は行政書士登録の申請に必要なものです。

 

これでやっと日本行政書士連合会への登録を
申請することができるようになりました。

 

3: 都道府県行政書士会へ申請書を持っていく

 

行政書士として登録をするには、事務所を管轄する
都道府県行政書士会へ申請書を提出しなければなりません。

 

※各都道府県行政書士会は以下のサイトで確認できます。
日本行政書士会連合会
http://www.gyosei.or.jp/unit/index.html

 

申請書以外にも諸費用(登録手数料など)、登録免許税が必要です。

 

申請書については以下の通りです。

 

提出書類

  • 行政書士登録申請書
  • 履歴書
  • 誓約書
  • 入会届
  • 政治連盟加入届

添付書類

  • 行政書士となる資格を証する書面
  • 戸籍抄本
  • 住民票
  • 登記されていないことの証明
  • 身分証明書
  • 事務所の使用権限を証する書面
  • 写真

行政書士登録の申請を行った後、1〜3ヶ月程度
日本行政書士連合会から登録通知が送られてきます。

 

こうしてついに行政書士として開業することができました!

 

おめでとうございます!

 

スポンサードリンク


関連ページ

そもそも行政書士資格の魅力ってなに?
行政書士ってなにがいいの?
行政書士としてどうやって稼いでいくのか
どうやって稼ぐかも想像しておこう
行政書士の開業資金
お金のこと
就活のために行政書士を受験する
まだまだ求人で評価されない行政書士
試験勉強と実務のギャップ問題
資格と実務の大きな差
行政書士とビジネスマッチングサービス
マッチングサービスを活用しよう