就活のために行政書士を受験する

まだまだ求人で評価されない行政書士

就職活動で履歴書の資格欄に書くために行政書士試験の勉強をしている方って いるのでしょうか。

 

資格をとって行政書士補助者として雇ってもらおうと考えている人は、
行政書士の有資格者の求人がどのくらいあるか調べてみてく ださい。

 

ほとんどないことがわかると思います。

 

あるとしても、独立志望の場合は雇ってくれない場合もあります。

 

行政書士の実務は資格の内容とは関係がないため、
雇う側としてはなにもない方が、使いやすいのです。

 

行政書士補助者の求人があるパターンは。

 

まず行政書士業務以外も扱う総合士業事務所の求人

 

規模が大きい事務所ほど活発に求人を行っています。
このタイプの事務所ならインターネットで検索すればヒットする可能性もあります。

 

次ぎは、最初に考える人が多そうな行政書士事務所への就職。

 

このタイプの事務所はパートを雇って小規模に営業している場合が多いので、
行政書士補助者の求人を出しているところは少ないかもしれません。

 

ホームページをもっていない行政書士事務所もありますので、
地元のハローワークや求人情報誌で探してみましょう。

 

もしも、行政書士補助者にこだわらないのならば、

 

大きな会計事務所や経営コンサル会社ならば
行政書士資格の評価も高くつく可能性が大きいです。

 

行政書士事務所はなぜ行政書士補助者の求人を出さないのか

 

行政書士業務の能力が変わらないのなら
資格をもっていない安く雇えるパートの方がお得だと思いませんか?

 

もしもあなたが行政書士補助者としての求人があり
行政書士事務所に 就職できたとしたら幸せものです。

 

学生さんに対していうと、今は資格をもっていてももっていなくても
一般企業の場合は、内定にはほとんど影響しません。

 

ただ行政書士試験の勉強をした努力と
学力は認めてもらえるので、多少効果はあるのかもしれませんが。

 

行政書士を採用の条件としているところは少ないでしょう。
なぜなら独立資格というイメージがついてしまっていますから。

 

司法書士や税理士と比べるとまだまだパッとしない行政書士ですよね。
(いや試験内容はかなり難しくなっているのですが)

 

学生さんが 就活に使うとするなら、比較的簡単な資格、 FP、簿記2級などの方が実用的です。

 

スポンサードリンク


関連ページ

そもそも行政書士資格の魅力ってなに?
行政書士ってなにがいいの?
行政書士としてどうやって稼いでいくのか
どうやって稼ぐかも想像しておこう
行政書士の開業資金
お金のこと
登録から開業までの手順
行政書士の登録から開業までの手順
試験勉強と実務のギャップ問題
資格と実務の大きな差
行政書士とビジネスマッチングサービス
マッチングサービスを活用しよう