試験勉強と実務のギャップ問題

資格と実務の大きな差

行政書士資格試験は一定の水準を確保しようとするものであって、
仕事実務を考慮した内容になっていませんよね。

 

これでは開業していざ業務の受注を受けたとしてもチンプンカンプンです。

 

試験勉強は書類作成にはまったく役に立ちません。

 

じゃあどこかの行政書士事務所に入って、
経験つけよっかな。

 

でも行政書士補助者の求人って本当に少ないです。

 

見かけるとしてもバイトの募集でその場合、
書類のパソコン打ちが中心になってしまうと思います。

 

つまり多くの行政書士の方は実務経験なしで独立しています。

 

最初から仕事が出来る人はいません

 

行政書士試験に合格し、実務経験なしで開業する場合は非常に不安です。
不安なままぶっつけ本番で仕事をしながら覚えています。

 

私の会計事務所での行政書士業務の経験をお話しますと。

 

最初のころは経験ゼロの状態でもとりあえず業務をとってきてしまっていました。
ちなみにうちの職場では細かく教えてくれる人は少ないので、最初は自分で手探り。

 

もちろんこっちはプロですから、
お客さんはなんでもわかるだろうと思い聞いてきます。

 

最初の頃は本当に何もわからないので冷や汗かきながら応対する事になります。

 

堂々とした態度をとる事だけを気をつけていました。

 

「その部分は条件が色々とありますので、、
「その件は慎重に検討したいので、、、

 

あまりにも毎回答えられないと信用を失う可能性はありますが。(^-^;

 

行政書士関係の書類業務を受注した場合は手引き本をみながら書類を作成していきます。

 

わからない部分がでてきた時などは、
書類提出先の機関に電話で聞いたりしました。

 

意外とみなさん親切に教えてくれます。

 

私なんかはずうずうしいことに、
下書きを直接持っていって確認してもらったりしていました。

 

ほとんどの場合、書類提出先機関に質問すれば丁寧におしえてくれます。

 

あとはアドバイスされた通りに作成すれば完成です。

 

つまり、時間さえかければ初めての業務でもできます。

 

私も何度も失敗やミスはしました。
しかし失敗は記憶に強く残り、次へとつながると信じています。

 

「実務は繰り返しやれば誰でもできるようになります!」

 

失敗を恐れない気持ちが一番大事なことだと実感しています。

 

一度作成した書類を雛形として残しておけば、
次回同じ業務をする時の時間短縮になります。

 

行政書士の仕事は書類作成が大部分なので、
将来の事を考えてパートでも作れるようなマニュアルを地道に構築していく事が大切です 。

 

スポンサードリンク


関連ページ

そもそも行政書士資格の魅力ってなに?
行政書士ってなにがいいの?
行政書士としてどうやって稼いでいくのか
どうやって稼ぐかも想像しておこう
行政書士の開業資金
お金のこと
登録から開業までの手順
行政書士の登録から開業までの手順
就活のために行政書士を受験する
まだまだ求人で評価されない行政書士
行政書士とビジネスマッチングサービス
マッチングサービスを活用しよう