行政書士とビジネスマッチングサービス

BtoBビジネスマッチングサイトに登録する

行政書士として独立し、業務を受注するためには営業しなければなりません。

 

行政書士の丸山氏の「ホームページ・ブログ営業」
金森氏の「FAXDM」など、有名なお二人なので行政書士関連の
本を読んだ事がある人は知っている方も多いと思います。

 

彼らの本はどちらも業務を受注するための手段なのですが、

 

それら以外にも業務を受注する方法としてインターネットを利用した、
企業間取引を仲介するビジネスマッチングサービスというものもあります。

 

このようなものがあるということを知らなかったという人は、
知っておいた方が役に立つ可能性があるので参考にどうぞ。

 

ビジネスマッチングサービスとは?

 

一言でいうと専門家探しのサービスです。
行政書士専門のサービスではありません。
相手は個人ではなく、企業と企業が取引を行います。

 

たとえば、会社を設立したいA企業がいたとします。

 

1: A企業が「会社設立依頼」を作成します。

2:その依頼を見た行政書士などがA企業に見積もりをだします。

3:A企業には見積もりが次々届くので、気に入った業者を選び商談します。

4:無事、商談成立

 

ビジネスマッチングサービスには「業務の発注側」と「業務の受注側」の2つが存在します。

 

上記の例だと行政書士は受注側になるわけですが、
発注側になる場合もあります。

 

人手が足りなかったり、自分にはできない業務を外注する場合は発注側になります。

 

このサービスは行政書士のような士業だけでなく、デザイナー
、広告業者、印刷業者、さらには通訳の人まで利用しています。

 

そして、日本最大級のこのビジネスマッチングサービスを行っている会社が楽天です。

 

楽天市場 は有名だと思いまが、 ビジネスマッチングサービスの方は
消費者には関係がないのであまり知られていないと思います。

 

ビジネスマッチングサービスのサイトがこちら ⇒ 楽天ビジネス

 

サイトを見てみると、会計士から行政書士まで沢山の士業の人達も活用していますよね。

 

行政書士試験受験生にはまだ関係ありませんが、
具体的にどういう業務が需要としてあるのか、
またどんな行政書士がいるのかなど参考にしてみてください。

 

すでに独立が決まっているなら、参加を検討してみてはいかがですか?
個人事業主なら安い値段で利用できます 。

 

スポンサードリンク


関連ページ

そもそも行政書士資格の魅力ってなに?
行政書士ってなにがいいの?
行政書士としてどうやって稼いでいくのか
どうやって稼ぐかも想像しておこう
行政書士の開業資金
お金のこと
登録から開業までの手順
行政書士の登録から開業までの手順
就活のために行政書士を受験する
まだまだ求人で評価されない行政書士
試験勉強と実務のギャップ問題
資格と実務の大きな差