行政書士試験の概要

行政書士の概要

●受験資格 
受験資格はなくだれにでも受験することができます。

 

●試験日 
11月第2日曜日

 

●受付期間 
8月上旬〜下旬

 

●受験申込方法 
「郵送による受験申込み」と「インターネットによる受験申込み」

 

●受験手数料 
7,000円

 

●試験科目 
行政書士の業務に関し必要な 法令等(出題数46題)
憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、
行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)、民法、商法及び基礎法学

 

行政書士の業務に関連する 一般知識等(出題数14題)
政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

 

●試験内容 
試験は筆記試験で、出題の形式は、「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式及び記述式、
「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式となっています。

 

●試験内容 
試験は筆記試験で、出題の形式は、
「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式及び記述式、
「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式となっています。

 

●合格発表 
1月第5週に合格発表が行われます。
合格者の受験番号を(財)行政書士試験研究センターの掲示板に公示されます。
公示後、受験者には全員に合否通知書が郵送されます。

 

●問い合わせ先 
財団法人行政書士試験研究センター
所在地  〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1−3 市政会館1階
電話番号 (試験専用)03−5251−5600

 

スポンサードリンク


関連ページ

行政書士試験の科目
試験科目のまとめ
行政書士試験の合格基準
行政書士試験の合格率や過去問は、ここでチェックしましょう
行政書士の合格率一覧表
平成元年からの合格率一覧です
平成18年度より行政書士試験の改正
平成18年度行政書士試験から内容が改正され試験対策も従来とは変わりそうです