平成18年度より行政書士試験の改正

平成18年度より行政書士試験の改正

平成18年度行政書士試験から内容が改正され試験対策も従来とは変わりそうです。各資格スクールも急いで対応に入ると思われます。総務省より「行政書士試験の施行に関する定め」の改正案が発表されています。

 

参考2の結果の通りに改正されるようです。
→参考1:総務省HP「行政書士試験の施行に関する定め」の改正に関する意見募集
→参考2:「行政書士試験の施行に関する定め」の改正に関する意見募集の結果
→参考3:「平成18年度試験から行政書士試験が変わります」〔(財)行政書士試験研究センター〕

 

改正点

 

1:試験科目の変更

--------------------------------------------------------------------------------
*削除される科目「行政書士法」「戸籍法」「住民基本台帳法」「労働法」「税法」 ただし「行政書士の業務に関連する一般知識等」で関連する知識を問う出題はされるということなので、学習は必要になりそうです。
--------------------------------------------------------------------------------

 

*行政法の出題範囲の明確化
--------------------------------------------------------------------------------
「行政法の一般的な法理論」「行政手続法」「行政不服審査法」「国家賠償法」「地方自治法」 が出題の中心となるようです。
--------------------------------------------------------------------------------

 

*「一般教養」が大改正!?
--------------------------------------------------------------------------------
「一般教養」が「行政書士の業務に関連する一般知識等」へと変更。 範囲が「政治・経済・社会」「情報通信・個人情報保護」「文章理解」と明確になりました。
--------------------------------------------------------------------------------

 

2:科目の出題数の変更

--------------------------------------------------------------------------------
*現行:法令40題 一般教養20題 → 改正後:法令46題 一般知識14題 法令の出題数が増加します。

 

これにともない「憲法」「民法」「商法」「基礎法学」の出題数も増加。「憲法」はそれほど問題ではないとしても、「民法」「商法」が大きなウェイトを占めるようになったことで、無視できないものになりました。
--------------------------------------------------------------------------------

 

3:試験日、試験時間、合格発表日の変更

--------------------------------------------------------------------------------
*試験日 「10月の第4日曜日」→「11月第2日曜日」
*試験時間 30分拡大されます。
*合格発表日 「1月の第3週」→「1月の第5週」
--------------------------------------------------------------------------------

 

 

スポンサードリンク


関連ページ

行政書士試験の概要
行政書士試験の合格率や過去問は、ここでチェックしましょう
行政書士試験の科目
試験科目のまとめ
行政書士試験の合格基準
行政書士試験の合格率や過去問は、ここでチェックしましょう
行政書士の合格率一覧表
平成元年からの合格率一覧です