通信講座の選び方

大手の学校を選ぶか値段で選ぶか?

通信講座を受講するには大体5万円〜15万円の予算が必要です。

 

まず最初に大手の学校を選ぶかそれ以外の学校を選ぶのか。

 

大手の有名な学校といえば「LEC」「Wセミナー」「大原」「TAC」など、
資格学校としての歴史も長く通学も全国展開しているような学校です。

 

大手以外では、「ユーキャン」「クレアール」などの通信教育。
これらは学校と行っても通信教育のみしか扱っていない場合が多いです。

 

大手の学校は「講座の値段が高い」のですが、長い歴史と信頼と実績があります。
また、電話質問ができたり自習室が使えたりと、サポートも充実しているのが特徴です。
(LECの場合は大手なのに値段も安いのですが)

 

「聞いたこともない通信教育会社や学校は信頼できない!!」
「有名な学校の通信講座の方が、安心して勉強ができる!」
「受かるためにはお金は惜しまない」

 

という人は大手の講座を受講した方が良いと思います。
「LEC」「Wセミナー」「大原」「TAC」等がこれに当たりますが、
法律系ですと「LEC」「Wセミナー」が有名ですね。

 

大手の中で選ぶならお勧めはLEC東京リーガルマインドでしょうね。

 

「いや、安くて合格できる内容なら大手じゃなくても良い」
「ブランド名にはこだわらない」
「面白い通信講座で勉強したい」

 

という方は、上記以外の学校を選んだ方が良いと思います。
「ユーキャン」「クレアール」等がそうですね。

 

ユーキャンは大手ともいえますが、「安心の信頼と実績」というと
LECや大原のような学校とは違いますよね。

 

こちらは、学校運営をしていない会社がほとんどで、
その分低価格で通信講座を提供しているのが特徴です。

 

学校運営していなくても、質問対応や教材作りのために専任講師も在籍しています。
中には全く聞いた事もないような怪しい通信講座もありますが。。。 。

 

サポートや教材内容をチェック

 

「大手学校」か「値段の安い学校」を決めた事で学校はある程度絞れた思います。
次はサポートと教材をチェックしてみましょう!

 

サポートでチェックしておきたいのは「質問方法」

 

行政書士試験は複雑な法律を学ぶので疑問点が沢山出てきます。
質問する機会も多くなるでしょう。

 

一番良いのは電話質問ができる講座ですが、通信講座だと大手じゃないと
電話質問可はなかなかありません。

 

質問回数は?メールでも質問できるか?

 

この当たりをチェックしておきましょう。

 

もう一つは教材のチェック!

 

テキストやサブ教材が気に入るかどうかが非常に重要。
気に入ったものの方が勉強のモチベーションが上がりますからね。

 

そして、学習メディアも複数から選択できると思いますが、
講義動画付きが良いのかCD講義付きが良いのか?
そんなのいらないからできるだけ安くしたいか?

 

予算内ならばできるだけ講義動画が付いた講座が良いですね。
CDで聞くだけよりも講義動画で見ながら聞いた方が頭に入りやすい!!

 

テキストはそれぞれの好みで分かれますのでなんとも言えませんが、
サブ教材も忘れずにチェックしておきましょう。

 

どこの会社の通信講座を選んだとしても、
結局大切なのは自分が選んだ講座を信じて最後までやり通す事ですね。

 

スポンサードリンク


関連ページ

LEC東京リーガルマインド
長年の実績がある総合資格学校]です。行政書士試験学校として安心の信頼と実績。講座の種類の豊富さ 。講師陣の質の高さ
ユーキャン
行政書士試験の通信講座として、人気の高いユーキャン。 テレビCMでの知名度と受講料の安さでシェアを伸ばしてきました。 ユーキャンの行政書士通信講座のテキストにはマンガの導入など理解するための工夫が満載!
クレアール
薄いテキストが特徴のクレアール行政書士試験通信講座。無駄を省く最短合格を目標とする学習プランになっています。時間のない社会人や忙しい方にお薦めです
大原
会計系で有名な大手です。さまざまな行政書士試験予備校と比べて、テキストの内容がとても充実していてわかりやすい、自分に最適な合格プランがある
TAC
会計系で有名な大手です。さまざまな行政書士試験予備校と比べて、テキストの内容がとても充実していてわかりやすい、自分に最適な合格プランがある